NEWS

品があるのにイージーケアな ウール混素材

品を感じさせる素材は、扱いがデリケート。
反対に機能的な素材は、お手入れは楽だけれど、大抵スポーツ色が強くて品位に欠けるもの。

品か楽か。

この相反する要素を違和感なくミックスさせているのが、今回ご紹介する“ウール混素材”です。これはウールと複数の化繊をブレンドした、グラミチの秋冬の定番ファブリック。見た目はウールそのもの。上品でウォーム感があるのに、家庭での手洗い洗濯ができるという、才色兼備な素材です。今季はアイテムによってチェック柄(Navy Plaid)も展開。

暖かくて品があり、デイリーに着用してもイージケア。
そんなウール混素材のアイテムは、これからの時季に確実に重宝するので、ぜひワードローブに加えてみてください。

 


 

「WOOL CARGO PANT」

ミリタリーのイメージが強いカーゴパンツも、ウール混素材で仕立てられると、ご覧の通り上品な雰囲気に。適度にゆとりのあるシルエットながら、裾口にドローコードが設けられているので、フィット感等も調整できます。ボリュームのあるカーゴポケットのおかげで、収納力も十二分。家庭での手洗い洗濯も可能です。

color:Grey,Charcoal,Navy,Navy Plaid / price: ¥15,400

 

「WOOL RELAXED TROUSER」

リラックス感のあるシルエットながら、タックが入れられているのに加え、ウール混素材が採用されているため、クラシカルな雰囲気に。股下にガゼットクロッチこそないものの、着用感はコンフォート。ビジカジ兼用できる守備範囲の広さが魅力です。家庭での手洗い洗濯も可能。

color: Grey,Charcoal,Navy,Navy Plaid / price: ¥14,300

 

「WOOL CAMO GRAMICCI PANT」

ウール混素材を使いながら、ジャカード織りでオリジナルのカモ柄を表現。ミリタリーテイストの柄ですが、ウール混素材のおかげで大人っぽい雰囲気に仕立てられています。また裏地はメッシュ仕様なので、ウール特有のごわつきがなく、保温性にも優れ、履き心地もストレスフリーです。

color: Camo / price: ¥17,600

ARCHIVES

ラッピング袋プレゼントキャンペーン開催 (12/25 12時まで)

いつもグラミチオンラインストアをご利用いただきありがとうございます。 公式オンラインストアをご利用のお客様へ。 12/25 12:00までクリスマスのギフトに使用できるラッピング袋をプレゼントいたします。 この機会をぜひ…

12/16 昼12時まで。送料無料キャンペーン開催

いつもグラミチオンラインストアをご利用いただきありがとうございます。 2022/12/16 12:00までの期間 6,000円以上のお買い上げで国内送料無料となるキャンペーンを開催しています。 この機会に是非ご利用くださ…

身も心も暖めるギフト向きアクセサリー6選

いよいよギフトシーズン到来。 いつもお世話になっている方に、大切なパートナーに、一年頑張った自分に……、さまざまな相手に感謝を込めて贈り物を渡すのは、なんだかワクワクしますよね。 今回はそんなギフト向きのアイテムにフィー…

PERTEX × DOWNの 最強レイヤード

今回提案するのは、1+1が3にも4にもなる、冬場に最適なコーディネート術。先端素材“パーテックス シールド”を採用したギアと、“グラミチ×タイオン”のダウンによる、最強レイヤードです。 “パーテックス シールド”は耐水&…

【終了】ノベルティープレゼントキャンペーン

2022/11/24 19時以降 12,000円以上の商品をお買い上げでオリジナルポーチをプレゼントするキャンペーンを開催! この機会にぜひご利用ください。 終了いたしました。 -ご注意事項- ポーチのカラーは3色ランダ…

BRAIN DEADとGRAMICCIの秋冬コラボレーション。 11/22 11:00発売開始。

〈BRAINDEAD(ブレイン デッド)〉と<GRAMICCI>の秋冬コラボレーション 今季は2商品での展開。 コラボならではのギミックがたくさん盛り込まれています。 <BRAINDEAD>はLA…

快適ダウンで冬を乗り切れ!

アウターの花形といえば、やっぱりダウン。 テクノロジーの進化が目覚ましい現代においても、今だに“軽さ”と“暖かさ”という点では、あらゆるアウターのなかでも最高クラスに位置しています。 アウトドアアクティビティ時の保温着と…

服選びに迷った時、自然と手が伸びる 3つのフリース

“フリース”とは本来羊毛で仕立てられた生地を指す言葉。 ですが、1970年代に米国のアウトドア界で化学繊維でできた起毛素材が開発され、後に“フリース”と呼称されるようになると、いつしか“フリース”という言葉は、化繊ででき…

このページの先頭へ