NEWS

とことん“遊べる”小物特集

どの岩山をどう攻略し、どれだけ高みに登れるか。
自然に胸を借りながら、思い切り遊ぶ。
その至福の時間をできるだけ快適に過ごしたいという想いが、Gショーツをはじめとする、数々のギアを生む原動力になったことは間違いありません。

時を経て、グラミチがターゲットとする“遊び”のフィールドも広がってきました。
出自である山は言うまでもなく、海でも川でも街でも、とことん遊べるアイテムを作る。その熱意は衣類にだけ向けられるものではありません。バッグにキャップ、ハットにソックス等々……遊び心を閉じ込めた小物類も豊富にラインナップしています。

コーディネートのどこかに遊びを取り入れたい。
自然の中で思い切り身体を動かして遊びたい。
せっかく遊ぶなら便利にストレスなく過ごしたい。

ここではそうしたさまざまな形の“遊び”にとことん寄り添ってくれる小物たちをご紹介いたします。

 

「UTILITY TRAIL CAP, UTILITY BOONIE HAT,

SHELL JET CAP, SHELL BUCKET HAT, DENIM BUCKET HAT」

 

まずはヘッドウェアから。最初に紹介したいのは、丈夫で裂けにくい高密度リップストップ生地を使用したアイテムたち。サイドにメッシュが採用され、後頭部のジャスターで簡単にサイズ調整できる「UTILITY TRAIL CAP」は、アクティブに動き回るシーンでも蒸れ知らず。同じくメッシュのベンチレーション機能を備えた「UTILITY BOONIE HAT」も、蒸れをしっかり軽減し、ツバが大きめに設計されているので、雨や強い日差しにも対応してくれます。次に撥水機能に加え、風も通しにくい“アクティブ シェル”を採用したアイテムもオススメ。この素材は風合いも上品でソフト。かつ塩素にも対応しているため、海やプールをはじめ、水遊びにも対応してくれる水陸両用素材です。そのため、もとより幅広いフィールドで活躍してくれますが、「SHELL JET CAP」は後頭部のサイズ調整にウェビングベルトを採用しているため、ビジュアル面でもグラミチらしさ全開。「SHELL BUCKET HAT」も、少々の雨風なら防いでくれるので、天候の変わりやすいアウトドアフィールドに持っていくと何かと重宝するはずです。最後は「DENIM BUCKET HAT」。オーガニックコットン製の11オンスデニムは、耐久性に優れ、独特のハリコシがあり、ギアとしても優秀ですが、やっぱり濃淡の異なる2色のデニムをパッチワーク状にパネリングした、そのユニークな顔つきが魅力。山と街、どちらのフィールドでもコーディネートにアクセントを加える、名脇役になってくれるはずです。

1/「UTILITY TRAIL CAP」 color: Army Green,Black / price: ¥6,050
2/「UTILITY BOONIE HAT」 color: Army Green,Black / price: ¥6,050
3/「SHELL JET CAP」 color: Black,Dark Navy,Red,Tan,Purple,Crazy / price: ¥4,950
4/「SHELL BUCKET HAT」 color: Black,Dark Navy,Red,Tan,Purple / price: ¥5,500
5/「DENIM BUCKET HAT」 color: Patch Work / price: ¥6,050

 

「UTILITY RIPSTOP TOTE BAG, UTILITY RIPSTOP SACOCHE,

 CHALK POUCH

次は前述の「UTILITY TRAIL CAP」と同じ、高密度リップストップ生地を採用したバッグ類をご紹介します。格子状に織り上げられたリップストップ生地は、もともとその耐久性が評価され、軍用品に多く用いられていましたが、現在ではその効能からアウトドアギアにも繁く採用されています。軽くて裂けにくくてとにかく丈夫なので、まさにバッグにはうってつけの機能素材。ここでは3型紹介しますが、まず「RIPSTOP TOTE BAG」は、ファスナーポケット付きで荷物も仕分けやすく、グラミチのアイコンともいえる、ウェビングベルト仕様によって、ハンドルの長さを調整しショルダーバッグとしても使える2way仕様。同じくウェビングベルト仕様でハンドル丈を調整できる「RIPSTOP SACOCHE」は、大きすぎず小さすぎないサイズ感のおかげで、幅広いシチュエーションで活躍してくれます。グラミチのルーツである、クライミングのチョークバッグをモチーフにした巾着型の「CHALK POUCH」は、より小ぶりでスマホや財布、カギといった最低限の荷物の持ち運びに最適。いずれも休日の遊びをサポートしてくれる便利品です。

 

1/「UTILITY RIPSTOP TOTE BAG」 W51×H40×D14cm
color: Army Green,Black / price: ¥6,600

2/「UTILITY RIPSTOP SACOCHE」 W30×H25×D5cm
color: Army Green,Black / price: ¥5,500

3/「CHALK POUCH」 W18×H20×D18cm
color: Army Green,Black / price: ¥4,400

 

「GRADATION BLUE CREWSOCKS, TIE DYE SNEAKER SOCKS,

LOGO PRINT SOCKS

お次はグラミチらしいカラーリングやロゴワークが光るソックスたち。まず「GRADATION BLUE CREWSOCKS」と「TIE DYE SNEAKER SOCKS」は、高品質ソックス専用プリント“GINGA”を使用することで、グラデーションがかった色合いやタイダイ柄を、360度シームレスにプリントし、ユニークな顔つきに仕立てています。また「TIE DYE SNEAKER SOCKS」にはくるぶしあたりにランニングマンの刺繍を配して、さりげなくアクセントを加えているのも特筆点。脱げにくいクルー丈も、サンダルやスニーカーが恋しい夏場には嬉しいポイントです。環境に優しいリサイクルコットン糸 “recover R  BLUE®︎”を使い、日本国内で編み上げた「LOGO PRINT SOCKS」は、一度履くと脱ぎたくなくなるイージーな履き心地が魅力。ブランドロゴをシンプルにプリントしたベーシックデザインのおかげで、汎用性も際立っています。

1/「GRADATION BLUE CREWSOCKS」 color: A,B,C / price: ¥3,080
2/「TIE DYE SNEAKER SOCKS」 color: A,B,C / price: ¥2,750
3/「LOGO PRINT SOCKS」 color: A,B,C,D / price: ¥2,200

 

「FRISBEE」

アメリカンカルチャーに根差した玩具のスペシャリストとして知られる、米国ワムオー社とコラボレーションした、オリジナルフリスビー。とにかく丈夫なので、どんなフィールドに持って行っても大活躍。家族や友人はもちろん、愛犬と一緒に遊んだりする時なんかにもオススメです。

φ26cm
color: Multi / price: ¥2,530

 

「NALGENE BOTTLE 1.0L, NALGENE BOTTLE 0.5L」

ラストはお馴染みのGロゴがフロントにデザインされたナルゲンボトル。純度の高いプラスティックを使っていたり、機密性に優れていたりと、耐熱温度が100℃、耐冷温度が-20℃まで対応可能と、各国のアウトドアマンが愛す機能性は健在です。どこに遊びに行っても活躍するし、長年繰り返し使える。環境に配慮して遊びたいユーザーにもオススメな秀才ギアです。

 

1/「NALGENE BOTTLE 1.0L」 重量約180g/φ約8.8×H約21cm
color: G-logo / price: ¥3,630

1/「NALGENE BOTTLE 0.5L」 重量約90g/φ約6×H約17cm
color: G-logo / price: ¥3,080

ARCHIVES

POPUP INFOMATION [SORA]

以下日程で[ SORA名古屋ラシック店]にてPOP UPを開催いたします。     開催期間 : 10/01(土)-10/10(月) 営業時間 : 11:00~21:00 開催店舗: SORA名古屋ラ…

保温性×機能性に、存在感のある“色”をプラス。

冬の定番アイテムは、カラーリングと配色で差を付ける。 日本が世界に誇るダウンサプライメーカー、ナンガとグラミチがタッグを組んだ、コラボシリーズが今季も始動しました。 ナンガの高品質なマテリアルと、グラミチの機能的なギミッ…

POPUP INFO 「クライムオン!! 2022」

10/1(土)~10/2(日)に開催されるクライミングイベント 『クライムオン!!2022』にGramicciの出店が決定。   「日本のヨセミテ」と称される小川山・廻り目平。 これまで開催が見送られていたイベ…

【機動力×快適性】アクティブウエアの新境地。

高機能マテリアルを取り入れた、次世代アクティブウエアが誕生。 機動性とファッション性を両立するグラミチのアクティブウエアに、高機能マテリアル「パーテックスシールド」を取り入れた新シリーズが、今秋にデビューしました。 グラ…

Gramicci by F/CE.

F/CE.ディレクター山根敏史にインタビュー   1982年、ロッククライマー ”マイク・グラハム氏” によりカリフォルニアで誕生した「GRAMICCI (グラミチ )」。 クライミングを快適に楽しむ為のウェア…

GRAMICCI×SOPHNET.

GRAMICCI×SOPHNET. 9/16 20:00販売開始 今回は機能性素材であるSOROTEX(ソロテック)に、備長炭とウールをブランドした高機能ファブリックを採用。 ウールの素材感を損なうことなく、ストレッチ性…

9/17(土) – 9/19(月) Gramicci | ALIGN DUO EXHIBITION

クリエイティブディレクターにステファン・ウェンドラーを迎えた新生Gramicciによる初めての秋冬コレクションの発売、また、GramicciとF/CE.の新コラボレーションライン”Gramicci by F/CE.”のロ…

アウトドアのフィルターを通した “ワーク”の新境地

アウトドアとワークは昔から密接な関係にありました。 ともに丈夫で機能的なギアを使い、自らが定めたミッションを果たしていく。 これまでに互いのフィールドを行き来して、共通で使われる製品も数多く開発されてきました。 今季グラ…

このページの先頭へ