NEWS

NEW FABRIC COLLECTIONS

「グラミチの“先っちょ”集めました」

グラミチを象徴するディテールと言えば、180度の開脚を可能にした“ガゼットクロッチ”と、片手でフィット感を調整できる“ウェビングベルト”。この2大機能でしょう。ともに1982年の創業時に考案された、クライミング由来のディテールですが、この2つは今日まで多くの製品に採用され、“グラミチ=快適”というイメージを決定づける重要なファクターになっています。

……が、ひょっとしたらこの2大機能の威光が眩しすぎて、グラミチを“クラシカルなアウトドアギアブランド”だと誤解していませんか?
もちろん、クライミングパンツの枠組みを広げた草分け的存在として、グラミチでは80年代から受け継がれる、古式ゆかしいアイテムもブランドの軸としています。しかし、新たな技術を積極的に取り入れて、時代にマッチした“快適”を追求しているのも、グラミチが流行に左右されずに愛され続ける要因になっているんです。過去から受け継いだ遺産を守りながらも、先端テクノロジーを盛り込んで、今求められるギアも開発し続ける。
“継承”と“進化”。
この両側面こそが、グラミチの真骨頂なんです。

そこで今回はその“進化”の一端に触れていただくべく、タウンユースでも“快適”に着用できることを念頭に置いて開発した、グラミチの“先っちょ”を紹介させていただこうと思います。

 

まず一つ目は「ACTIVE SHELL(アクティブシェル)」です。

「SHELL FLIGHT JACKET」



color: Dark Navy,Slate Grey,Red,Tan / price: ¥16,500

 

これは今季から登場した新素材。
耐久撥水性や防風性に優れ、塩素にも対応してくれるという優れものです。突然の雨風も難なくしのげるので、気候の変化が激しいアウトドアフィールドにも効果大。パッと見は高密度でハリのある質感ですが、その実ソフトで着用感もストレスフリー。
そんな万能素材を採用した今作は、胸のファスナーポケットをアクセントにしただけのシンプルなデザインですが、衿にフードを内蔵し、複数のポケットを備え、最低限度の収納力は確保しているので、休日に手ブラで外出したい方にもうってつけ。

軽く羽織れて1年を通して活躍してくれる、息の長いアイテムを探していた方は、ぜひチェックしてみてください。

 

 

次に勧めたいのは、「UTILITY RIPSTOP(ユーティリティ リップストップ)」です。

「UTILITY ZIP-OFF CARGO」

color: Army Green,Black / price: ¥16,500

これは軽くて丈夫な高密度のリップストップ生地。同じような組成の生地は、その実用性が認められ、ミリタリーの分野でも重用されているのですが、今季グラミチでは、その特性を生かしたミリタリーテイストのアイテムを多数ラインナップしています。
その代表例がこのカーゴ。ジップオフという名前の通り、膝部分のファスナーによってショーツとしても使える2WAY仕様。シルエット自体も適度にゆとりがあり、穿き心地もコンフォート。ドローコードで絞ることで裾幅を調整できるので、好みのシルエットにアレンジすることも可能です。またウェスト左右脇部分には、カラビナ等も装着できるウェビングベルトを、各ポケット口にはベルクロとプルタブを設けるなど、随所に実用的なギミックを盛り込んでいます。

 

「UTILITY FELD JACKET」

color: Army Green,Black / price: ¥22,000

同じくユーティリティ リップストップ生地で仕立てているのが、このフィールド ジャケット。
衿に収納可能なフードを設けているほか、プルタブ付きフラップポケットをはじめとする多彩な収納を確保しているので、旅使いなどにも最適。裏地はメッシュ仕様なので、梅雨時期などの蒸れやすい時期も快適に着回せます。適度にボリュームを持たせたシルエットは、レイヤードの自由度も高く、アクティブに動き回るシーンからタウンユースまで、幅広いシチュエーションで活躍してくれるはずです。

 

 

最後は「デュラブルナイロン」。

「NYLON PACKABLE TRACK PANT」

color: Black,Dark Navy,Olive / price: ¥12,100

これは塩素にも対応し、海や水遊びにも最適な水陸両用素材。
近年、グラミチの定番ファブリックとして浸透していますが、撥水性に加えて風を通しにくい構造になっているため、突然の雨風にも対応できるため、季節の変わり目などにも活躍。ドライな肌触りと、製品洗いならではのワッシャー感も特徴ですが、今作はその風合いを活かした機能派。適度にゆとりのあるシルエットに設定しながら、裾口をゴム仕様にしているため、クシュッとしたシワ感が生まれ、軽快な印象を与えています。またシワも気にならない特性を生かして、いつどこにでも持ち運べるようにパッカブル仕様に設計しているのもポイント。山、海、街と、あらゆるフィールドに順応してくれるはずです。

 

以上、グラミチが誇る3つの機能素材を紹介させていただきました。
クラシカルなクライミングパンツのイメージしかなかったという方も、ぜひこのグラミチの“先っちょ”に触れ、新たな一面を知っていただければ幸いです。

ARCHIVES

保温性×機能性に、存在感のある“色”をプラス。

冬の定番アイテムは、カラーリングと配色で差を付ける。 日本が世界に誇るダウンサプライメーカー、ナンガとグラミチがタッグを組んだ、コラボシリーズが今季も始動しました。 ナンガの高品質なマテリアルと、グラミチの機能的なギミッ…

POPUP INFO 「クライムオン!! 2022」

10/1(土)~10/2(日)に開催されるクライミングイベント 『クライムオン!!2022』にGramicciの出店が決定。   「日本のヨセミテ」と称される小川山・廻り目平。 これまで開催が見送られていたイベ…

【機動力×快適性】アクティブウエアの新境地。

高機能マテリアルを取り入れた、次世代アクティブウエアが誕生。 機動性とファッション性を両立するグラミチのアクティブウエアに、高機能マテリアル「パーテックスシールド」を取り入れた新シリーズが、今秋にデビューしました。 グラ…

Gramicci by F/CE.

F/CE.ディレクター山根敏史にインタビュー   1982年、ロッククライマー ”マイク・グラハム氏” によりカリフォルニアで誕生した「GRAMICCI (グラミチ )」。 クライミングを快適に楽しむ為のウェア…

GRAMICCI×SOPHNET.

GRAMICCI×SOPHNET. 9/16 20:00販売開始 今回は機能性素材であるSOROTEX(ソロテック)に、備長炭とウールをブランドした高機能ファブリックを採用。 ウールの素材感を損なうことなく、ストレッチ性…

9/17(土) – 9/19(月) Gramicci | ALIGN DUO EXHIBITION

クリエイティブディレクターにステファン・ウェンドラーを迎えた新生Gramicciによる初めての秋冬コレクションの発売、また、GramicciとF/CE.の新コラボレーションライン”Gramicci by F/CE.”のロ…

アウトドアのフィルターを通した “ワーク”の新境地

アウトドアとワークは昔から密接な関係にありました。 ともに丈夫で機能的なギアを使い、自らが定めたミッションを果たしていく。 これまでに互いのフィールドを行き来して、共通で使われる製品も数多く開発されてきました。 今季グラ…

掲載情報 : HOUYHNHNM

WEB MAGAZINE [HOUYHNHNM]にて [街に馴染むグラミチの服。] が掲載されています。

このページの先頭へ